前田産業の強み

前田産業株式会社
前田産業の強みイメージ

約70年の経験と実績
0.1mmにこだわる加工精度と厳密な検品

創業は昭和18年。当時は霧島山産の地場の樅を、その後はアメリカやカナダの樅を製材してきました。そして現在は、ドイツを主とする欧州樅を専門に製材しています。創業から70年以上、お客様のニーズに応え、製材から木工加工までを継続して行ってきました。樅の木の性質を把握し、用途に合わせて最適な製材をすることで誤差を0.1mm以内に抑える加工技術や機械設備を保有しています。また、人の目による検品にこだわり、厳密な選別を行う事で安定した品質で提供しています。

万全な生産体制

安定供給

現地の専任スタッフが目利きした高品質の丸太を仕入れています。年間通して仕入れを行っている為、安定した材の確保ができます。

国内生産

国内工場で生産を行う事で、迅速で細やかな対応が可能です。お札などの木工製品は、最短1週間程の納期で2,000~3,000枚程の出荷対応が可能です。

丸太から提供

丸太の販売から、製材品、木工加工品、集成材などの様々な形での提供が可能です。

ドイツ産の樅の木を使用

世界で最も優れたドイツの森林学に基づき、約300年以上に渡り、計画的に天然更新(択伐)されている森林で育った樹齢150年から250年のドイツ産の樅の木を扱っています。ドイツでは択伐を基本とし、森林の永続的な持続に努めています。弊社が扱う樅の木は、全てPEFC認証材で、森林と人間の共生、持続可能な社会の実現を目指しています。

環境への配慮(PEFC認証)

弊社は2005年にPEFC認証を受け、以降PEFC認証材のみを取扱っています。
Programme for the Endorsement of Forest Certification schemes
1999年に設立、2003年に改組された各国の制度を相互認証する組織で、世界最大の相互承認森林面積を有する国際森林認証制度。
PEFCの国際森林認証制度は、森林と人間の共生、持続可能な社会の実現を目指す民間の制度です。世界各国の森林認証団体が持続可能な森林経営の基本理念を共有し、FEFC国際基準に適合した各国の森林認証制度を相互に承認し、実施しています。
2018年11月現在のPECF加入国は49か国で、世界最大の相互承認森林面積を有する精度です。

『持続可能な森林資源』であることの認証を『PEFC』(欧州を中心とする世界最大の森林認証団体)から製材加工業者として日本で最初に取得することが出来ました。